ディーラーの車検はなぜ高いのか?メリットはないのか?

新車を購入できるのが各自動車メーカーのディーラーです。

ここでも車検をすることができます。

車検をする業者やサービスによって費用が変わってきます。何も知らないで近所のお店だったり、お付き合いがある業者を利用すると割高になってしまう可能性があります。

費用が高いのは欠点なのか、高いなりに何かメリットがあるのかを理解する必要があります。車検の費用が一番高いのがディーラー車検です。なぜ割高になるかというと、民間の業者と比べて代行費用と点検・整備費用が高く設定されています。

安心して故障の心配をせずに車に乗れるなら、しっかり車を見てもらうために費用が高くてもディーラーに車検をお願いするという考えの人もいます。決して費用が高いことが悪い、デメリットだというわけではありません。

ディーラーの仕事は、新車販売がメイン

基本的な考え方としてディーラーは新車を販売するだけでなく、車検などの付属するサービスの目標も設定しています。会社として利益を出すために上乗せされて費用が請求されます。

さらに車検とは異なる予備の整備にも力を入れています。民間車検と比較してお金のことばかり考えていると、必ず割高でメリットが無いと思ってしまいがちです。

しかし安心して車に乗れるということを考えたときに、ディーラー車検は丁寧に車を点検してくれたり、担当スタッフが気にかけてくれるので、いつまでも安全に乗れる状態に車を保つことができるメリットがあります。

これらのメリットとデメリットを考慮してディーラーに車検を依頼するか判断するようにしてください。

店舗によっては自社工場で整備をせずに、下請けの整備工場などに依頼をすることもあります。

そうなるとさらに仲介手数料などを取られてしまう可能性があります。

安心をお金で担保できるのがディーラー車検の良いところです。

それが下請けに出してしまったら整備の品質が落ちるだけでなく、余計な費用が発生することを考えると、安さ重視で車検を考えている人は最初から民間業者に依頼をしたほうが良いケースもあります。