民間車検とは?コスパ重視で費用を安く抑える方法とは?

様々なメリットがある民間車検は、規模が小さい自動車整備工場などで車検をすることを言います。

どの地域にも地域密着型の整備工場や中古車販売店があると思いますが、ディーラーと違い各自動車メーカーのあらゆる車種の車検に対応できるところが民間車検のメリットです。

民間車検を受ける際に気を付けたいのが、車の預け先が認定工場か指定工場かを把握しておくことをおすすめします。

認証工場とは国が定めた基準を満たし、それぞれの地域を管轄している地方運輸局の局長から問題ないと認証を受けた工場のことを言います。

認証工場の特徴として車検の点検や整備をすることが可能ですが、車検をするラインを持っていません。

しかしこれをデメリットと考えないでください。

車検ができなくても車検場まで車を運んで検査をしてくれます。注意点として、他の車検場に運ぶので終了するまで日数がかかることがあります。

指定工場は国が定めている一定の基準を満たしている内容で整備工場の申請をしています。

さらに各地域にある地方運輸局の局長が、そこで車検をしても良いですよという指定自動車整備事業の許可を出しています。運輸局から指定されることで自社の工場に車検ラインを持つことができます。

その都度運輸局などに車輌を持ち込んで検査をする必要が無いので、認証工場と比べて全ての検査が早く終わるメリットがあります。

民間車検に分類される認証工場と指定工場はそれぞれメリットがあります。

費用を安く抑えたいなら認証工場を選ぶことをおすすめします。

費用が多少高くても充実した整備環境でしっかり車検の検査をしてほしいと思っている人は指定工場を選ぶようにしてください。

車検を受ける人の価値観や経済事情で選ぶ業者を変えることができるのが民間車検の強みです。

新車を購入した場合や、お付き合いがあるなど、どうしても購入したディーラーで車検をするということでなければ、安い・早いを選ぶことができてメリットも多い民間車検をおすすめします。