軽自動車、普通自動車の車検費用の相場は?

車検の費用はどのような車に乗っているか、そしてどこで車検をするかで変わってきます。

車検の相場

基本的に法定費用と車検基本費用があります。これらを合計すると軽自動車で7万円、1500CCクラスの普通自動車で10万円の費用になります。

それで済むなら安いと思うかもしれません。

部品交換をするとさらに高くなる場合も

車のコンディションに応じて部品を交換した際の費用が発生します。車のタイヤやブレーキ付近の足周りやエンジン周り、マフラーの交換など、大掛かりな修理になればその分基本費用の他に修理費用がプラスされます。

そうなると軽自動車で10万円以上、普通車でも15万円以上の車検費用を支払う可能性があります。

新車であれば修理をする箇所も少ないですが、購入してから年数が経過していると部品の劣化が進行し、何かしらの部品の修理や交換をしなければいけません。

お金が無いから修理をしなくても良いというわけにはいきません。

修理をしなければ車に乗れないことになっています。自分が所有している車が何年経過しているのか、走行距離はいくらかを十分に把握し、余裕を持って車検の費用を準備しておきましょう。

法定費用には自動車重量税や自賠責保険、検査手数料が含まれます。

自動車重量税は車の重さによって支払う税金の金額が変わってきます。しかし軽自動車はどのような車でも一律5,000円で統一されています。自賠責保険も普通自動車と軽自動車で支払う金額が変わってきます。

また保険をかける期間でも変わってきます。自賠責保険だけだと全ての保障を賄うことができないので、自分自身で任意保険にも加入しなければいけません。

さらにどこで車検するかによって費用が変わってきます。ディーラー、車検専門店、中古車販売店、カーショップ、ガソリンスタンドなど、車検をしてくれるところは1つではありません。

どこで車検をすれば安く済むか調べてみたり、見積りを出してもらうことで、余計な出費を抑えることができます。

無駄に高い車検代を払い続けるなら、売却する選択肢もある

車検は、必ず受けなければいけないものです。

しかし、実際には月に1度の乗車しかしていない。そんな方は多いです。

特に5年も10年も乗っているようなボロ車ほど、車検代は高くなります。

それであれば、売却するのも手ですね。

しかし、ディーラーは前述の通り新車販売がメインですから、車を高く売るなら買取業者に売るのが賢いです。

下取りは、車を販売するディーラーが古い車を引き取るサービスですが、10万㎞超えの多走行車・過走行車は価値がないとして0円査定されることがほとんどです。

下取り査定では基本的にプラス査定(加点)はありません。年式や走行距離、内外装のキズやヘコミを細かくチェックしてマイナス査定(減点)していきます。

そもそも、ディーラーは中古車を高く売れるルートを確保していません。

過走行車の売却(車を高く教科書さんより)引用

 

とまぁ、こんな感じでディーラーに下取りに出しても、雀の涙ほどのお金にしかならない可能性が高いので、ひとまずは買い取りを専門にしている業者に見てもらって相場を知ってから手放すのが良いと思います。