車検とは?費用を安く抑える方法をご紹介

日本では快適に安心して車を運転するために車検があります。

2年に1度自分が所有している車の検査をすることが法律で定められています。保安基準に適合しているかを検査でチェックして安全の確保と公害の抑止に繋げます。

車検をする際にかかる費用は大きく分けて法定費用と諸費用の2種類があります。

車検をする際にどの業者でも変らない決められた費用には、自賠責の保険料金や自動車重量税、さらには手続きをする際に必要な印紙代は必ず支払うので法定費用に含まれます。

その他の諸費用は所有している車の状況に応じて変動する整備料や車検をする際の検査手数料、さらには代車が必要な場合は有料で借りることもあります。

このように車検の費用が変わることには、その他の諸費用が大きく関係してきます。

車検をしてから思った以上にお金がかかってしまったと疑問に感じることがあります。トラブルを防ぐためにも事前にいくらになるか見積りを提示してもらうことをおすすめします。

車というのは日頃から小まめにメンテナンスをしていれば、経年劣化を最小限に抑えることができます。もし車検の費用を抑えたいのであれば、定期的にオイル交換をしたり、洗車をすることでダメージを与えずに車の価値を保つことができます。

車検の費用を安く抑える方法にユーザー車検があります。

一般的にカーショップや整備工場に持ち込んで車検をしてもらいますが、ユーザー車検は運輸支局などの国の検査場に自ら車を持ち込んで車検を受けます。

費用を安く抑えるメリットがありますが、書類を用意したり印紙を購入したりと、事務的な作業も自分で行わなければいけない欠点があります。

不備があればやり直さなければいけないので、車検のことを理解している人におすすめする方法です。

このように車検には費用がかかります。日本で自分の車を所有すれば必ず車検をしなければいけない決まりになっているので、事前に費用がいくらになるかを把握しておくことをおすすめします。